当サイトの使い方

はじめてAMJをご覧になる方へ

当サイトのコンテンツは、ICAgile認定アジャイルマーケティング資格コース(ICP-MKG)の学習ロードマップおよびコース受講後のフィードバックをもとに、アジャイルマーケティングの理解をさらに深め、認定資格コースで学んでいただいたことの復習効率を上げられるよう随時作成および更新されています。

アジャイルマーケティング認定資格コースを受講されていない方でも当サイトを効率良くご利用いただけるよう、このページでは認定資格コースで学ぶ知識をカバーする記事のタイトルと要約の一覧を掲載しています。

認定資格コースおよびICAgileの詳細に関しては、アジャイルマーケティング認定資格コースのページをご覧ください。

アジャイルマーケティングの基礎知識

なぜ今すぐアジャイルマーケティングを始めるべきか

VUCA時代に求められる顧客中心主義を実践し、成果を挙げ続けるにはアジャイルマーケティングは欠かすことができない。アジャイルマーケティング成功の鍵は知識ではなく、そのマインドセットの習得にある。

そもそもアジャイルマーケティングとは何か

一言で言えば「アジャイル開発をマーケティングに応用する」だけであるが、アジャイル開発がうまく市場に浸透していない現状を踏まえ、まずは「変化が激しく将来の予測が難しい環境への解決策」としてアジャイルという概念が生まれた歴史的経緯を紹介する。

アジャイルマーケティングの定義とアジャイルマーケティング宣言

アジャイルマーケティングの定義は様々。大切なのは定義を暗記することではなく、アジャイルマーケティングの実践に求められるマインドセットを表した「価値基準」や「原則」の意味を理解すること。

アジャイル開発とアジャイルマーケティングの違い

特に押さえておきたい点は「完成(Done)の定義」と「ユーザー」という用語の使われ方。アジャイル開発の手法を単純にコピーするだけではカバーできない点があることに注意。

アジャイルマーケティングの導入方法

アジャイルマーケティングで利用されるフレームワーク

アジャイルマーケティングで利用されるフレームワークは、アジャイル開発でお馴染みのカンバン、スクラム、スクラムバンの3つである。どの手法を利用するにしても、なるべく短い期間で価値提供を繰り返すことが推奨される。

アジャイルマーケティングのチームづくりで大切なこと

アジャイルマーケティングを実践できているチームは機能横断型で自己組織化されており、サステナブルなペースで安定した価値提供を行うことができる。その実現には組織全体が従来のマネジメントに対する考え方を変える必要がある。

アジャイルマーケティングにおけるバックログの作り方

タスクを考える際にはアウトプットと成果の違いを押さえ、誰にどのような価値を提供するのかを明確にする。カスタマーストーリーをマーケティングバックログ内で優先順位付けし管理する最適な方法は1つではない。

アジャイルマーケティングの実践事例

アジャイルマーケティング事例 – HubSpot

マーケティングチームを「機能」ではなく「営業ファネル」に合わせてアジャイルマーケティングを実践しているHubSpotの事例をご紹介。