アジャイルマーケティング認定資格コースについて

マーケ担当者
マーケ担当者
販促のDMやメールだけじゃなく、FacebookやTwitter、Instagram、LINEなど色んなツールをとりあえず使ってるけど、もっと効果的に使う方法はないのかなぁ。
マーケ責任者
マーケ責任者
社内外のチームメンバーが持っている知識や経験をもっと活かしたいんだけど、どうやってチームをまとめればいいのかしら。
CEO
CEO
もっと速く、たくさんのマーケティングキャンペーンを行って、成果をあげることは出来ないのか。

変化の激しい市場環境の中で

  1. 顧客と自社のためになる有益なコミュニケーションを取り
  2. チームのやる気と生産性を高め
  3. より速く、無駄の少ない施策で結果を出す

ための手法をお探しであれば、アジャイルマーケティングを実践してみませんか。

ICAgile認定アジャイルマーケティング資格コース(ICP-MKG)を受講していただくことで、国際的に認められたアジャイル関連の認定資格だけでなく、アジャイルマーケティングの実践に必要な基礎知識とマインドセットを得ることが可能です。

ICAgile認定アジャイルマーケティング資格コースとは

ICAgile認定アジャイルマーケティング資格(ICP-MKG)は、ICAgileによる認定試験を合格した組織とインストラクターだけが提供できる国際的に認められた認定資格です。

AMJが提供するICAgile認定アジャイルマーケティング資格コースは、日々のマーケティング活動の中でアジャイルを実践しようと考えている方を対象に、アジャイルのフレームワークだけでなく、そのマインドセットを得ていただくためのワークショップ型の2日間のコースとなっています。

当認定資格コースの提供は、Agile Marketing ItaliaがICAgileに認定を受けたコース教材を使用し、ICAgile会員組織のAgile Marketing Italiaにてインストラクター認定を受けた瀬川直矢が行います。

ICAgileとコースおよびインストラクター認定について


「International Consortium for Agile(アジャイルのための国際コンソーシアム)」という名の下に2010年に米国で設立されたコミュニティ駆動型の組織で、アジャイルの分野では世界最大の資格認定機関です。

各コースの枠組みは、56人のアジャイルの専門家たちが、2,200時間以上をかけ548個にも渡る学ぶべき項目を選別し、さらにそれらを9つのプログラムに分けて作成されています(2017年10月時点)。

その枠組みをもとに、各会員組織およびインストラクターがオリジナルのコースを作成し、合格率34%の認定試験をクリアしたコースが、アジャイルを実践したい方々に向けて世界中で提供されています。

ICAgileは組織がアジャイルに移行する際に必要となる様々な分野をカバーする認定資格プログラムを、各分野の専門家たちと協力しながら提供しています。

なお、このアジャイルマーケティング認定資格(ICP-MKG)は、ビジネスアジリティプログラム内の1つのコースとなっています(同プログラムではアジャイルマーケティングの他にも、アジャイルリーダーシップやアジャイルファイナンスなどのコースが提供されています)。

詳しくはICAgileのウェブサイト(英語)をご覧ください。

アジャイルマーケティング認定資格コースの対象者

  • マーケティング担当者
  • マーケティング責任者
  • アジャイルな組織づくりを目指しているCMO/CEO
  • アジャイルの実務家(アジャイルコーチ、スクラムマスターなど)
  • デジタルトランスフォーメーションの責任者 など

断片化されたマーケティングチャネルと複雑なマーケティングテクノロジーに頭を悩ませながらも、要求の高まり続ける顧客のために、新たなマーケティング手法に取り組みたいと考えている方すべてが対象です。

アジャイルマーケティング認定資格コースで学べること

  • なぜ今アジャイルマーケティングが必要なのか
  • マーケティングにとっての重大なパラダイムシフトとは
  • アジャイルマーケティングを推進する原動力とその重要性
  • 「仕えるためのマーケティング」と「売るためのマーケティング」の違い
  • アジャイルマーケティングの定義
  • アジャイル開発とアジャイルマーケティングの違い
  • ビジネスアジリティのための顧客分析
  • 組織目標ではなく顧客中心主義を優先すべき理由
  • 顧客のニーズを理解するためのアジャイルな方法
  • 顧客を引きつけ維持するために必要なこと
  • アジャイルマーケティングを導入するために必要なこと
  • 変化に適応するためのマーケティング計画の立て方
  • アウトカム(成果)とアウトプットの違い
  • マーケティングバックログとカスタマーストーリーの使い方
  • 顧客中心マーケティングのためのツール
  • 新たなパラダイムにおけるチームとチームワークの作り方
  • 機能横断型のチームによるマーケティング価値の提供方法
  • マーケティングチームをサステナブル(持続可能)にする必要性
  • アジャイルマーケティングを実践するために必要なこと
  • アジャイルマーケティングのために短い作業のサイクルを構築する方法
  • アジャイルマーケティングにおけるフローベースのアプローチとWIPリミットについて
  • マーケティングの仕事にイテレーションを使うメリット
  • 実験、学習、ピボットとその重要性
  • 実験と検証を行う組織文化のつくり方
  • アジャイルマーケティングの実践事例
  • 新たなマーケティングアプローチに取り組み始めるために必要なこと
  • アジャイルマーケティングキャンバスの使い方 など

当認定資格試験は、コースに参加するだけで自動的に合格できるものではなく、受講者のコース内における発言内容や参加姿勢が採点の対象となります。

詳細はICAgileの学習ロードマップ(英語)をご覧ください。

お申し込みから認定資格コースご提供までの流れ

※現在日本国内では法人様、または認定資格コースのご提供を行う場所をご準備いただける4名以上(10名以下)のグループ様のお申し込みのみ対応させていただいておりますので予めご了承ください。

  • ステップ1
    お問い合わせ
    まずはお気軽に当サイトのお問い合わせページよりご相談ください
  • ステップ2
    コース内容のご説明&ヒアリング(約1時間のスカイプ会議)
    認定資格コース内容のご説明の他、コース受講をご検討されている理由や、参加予定の方のマーケティングおよびアジャイルに関する知識の確認、ご準備いただく必要があるもののご案内などを行います
  • ステップ3
    お申し込み
    日時と場所の調整を行った後、お申し込みの意思をメールにてお知らせいただいた段階で、ご請求書をお送りします(お支払い方法は銀行振込のみとなります)
  • ステップ4
    認定資格コース開催前日までに
    ご担当者さまと使用機材や当日の流れなどを会場にて確認させていただきます
  • ステップ5
    認定資格コース当日(2日間)
    アジャイルのマインドセットおよびフレームワークを身につけましょう!

お問い合わせはこちら